CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< オシム | main | 小さな設計事務所が欲しい人材 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Jリーグの経営状況の開示
が出てましたね。
やはりというか、浦和強し!w
ケイツネで言ったら1位浦和でダントツの3億7千万の黒ってことになる訳ですな。
2位はオシム効果か千葉で1億6千万
3位は名古屋で1億2千万
4位がFC東京で1億1千万ちょい

こんな感じでした。

単純な収入だけでいってもやはり浦和で58億
次がマリノスの48億な感じです。
マリノスの場合48-48でケイツネは0な感じで赤は出さず全力でチャンピョンシップを取りに行っている感じが今期の成績に結びついていいない成績をいっそ引き立てている感じですかね^^;

収入ではやはりというか絶対的に多いのが広告費になるんですが、マリノスが1位の25億でついで名古屋の22億となります。
やはり車メーカーTUEEEEって結果なんですが、名古屋の場合、中日にも言えることなんですが、地域での広告が大きいので他よりも広告収入が多いのが愛知について感じ取れます。
民放でも夜中枠でちょくちょく試合を流してますし、グランパスメインのTVも各局で1番組持ってるのもでかいかなと。
グランパスのケイツネ3位ってのは当然その企業と地域のバックが大きく関わっているので成績が悪くてもこーなるんでしょうねw
地域が強いってのはスタジアム収益にもつながる訳で、全盛期の半分程度なんでしょうが、それでもアベレージは9000人程度は入っているでしょう。収益を見ても6億と鹿島・浦和・新潟の別格サポーターズを抜けば上位です。

逆にJ2でありながらサポーターに恵まれてるはずの仙台は観客収益が6億とJ1でもかなりの優等生なんですが、赤字がJ2でも2番目にわるく1億6千万。経営努力と成績がどーんと圧し掛かっているのがわかります。

今回の提示はJをより良く知ってもらうためには凄くいいですね。
例えば自分の応援するクラブがマッカッカなら行こうと思うかもしれません。
企業的なクラブの巨額資金(例えば名古屋)みたいなチームに規模の小さいチームのサポが打倒!と燃え上がるかもしれません。
逆にスポーツじゃなく経済的なチームをなんか嫌だなーと思うケースもあるかもしれませんねw

(経営努力>チームの魅力)≠一般人への人気

なのかもしれませんが、それでもJが存続するために経営的な面が強くなければいけないなぁと見て解ったのがよかったです。経営努力での収入=企業からの人気でもありますしね。

まぁどちらにせよ、強くなければはじまりませんw

頑張れ!グランパス(結論そこかよw
| - | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:54 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://egg774.jugem.cc/trackback/272
トラックバック