CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オシム
語録に残酷なまでの方針を詰め込んだ。ファンタジスタ受難の時代、オシム監督も自身が冷徹なリアリストであることを強調した。個人名こそ出さなかったが、MF中村俊に突きつけられた“戦力外通告”だった。
 「もっとアグレッシブで、走る能力の高い選手が必要。世界のサッカーはそういう方向に進化している。『美のために死んでもいい』という人が存在する要素はますます少なくなる。個人的には非常に残念。でも人生もそう。昔の旅行は汽車に乗ったり歩いたりしていたが、今はみんな飛行機だ」。華やかなテクニシャンより、馬車馬のように走り回れる実用性のある選手が重要だった。

以上、ヤフー記事から。

今日オシムJAPはサウジに負けた。しかし、僕はかなり肯定的な印象を受けた。
オシムJAPは若い。何度も前園が言ってたように若く経験不足が目立つのは事実だと思う。それは立ち上がりのギコチナサが証明している。
しかし、後半のは得意のJEFボーイズやFWの投入でゲームとしてはJAPのが勝っていたと思う。アウエーってことと(結局は決定力不足になったんだけど)運があっちにいって勝負には負けたというイメージだった。

大会はまだ、予選ラウンドだし、JAPは普通に2位で通過範囲である。インドやイエメンを考えても予選落ちは、まぁないと思う。
ジーコジャパンはアジアカップでチームがまとまった。内容としてみれば良い物ではなかったが、奇跡的に優勝できたのが大きくワールドカップに近づく好要素となった。

同様にオシムJAPも今チーム作りの場として、日程的にアジアCAP予選がその場所に当たっているのだと思う。

冒頭で述べた記事なのだが、ようは俊輔不必要論をオシムが比喩したと報道されたものだ。
ようは、技術だけのファンタジスタはもう必要ないんだってこと。
ファンタジスタで動ける選手ならOKなんだと思う。
俊輔は今オシムの中では前者になっている。
では、オシムといえばピクシーっと言うくらい90年W杯のオシム-ピクシー師弟はJAPでは有名になっている。
ピクシーは言わずと知れたJ最高最強唯一の歴代NO1ファンタジスタである。
ピクシーはどーなるんだ?と疑問がでてくるのかもしれない。

僕は名古屋ファンで留学中もVTRを送ってもらうほど名古屋サッカーを愛していた。
ピクシーの試合を沢山見た。で、言えることはグランパス史上上位に入るほど走ることが出来た選手もまた彼なのである。

試合の終盤やたら元気なのはピクシーか岡山か なんて思う試合も沢山合った。
ピクシーは後者に入る。MF的存在の中FWで出場し2列目からの飛び出しもする。アシストは鬼のようにあるし、肝心なときのゴールはいつもピクシーだった。

そんなピクシーも実は90年W杯のときにオシムによって基礎体力を作られたような発言を前テレビでやっていた。
あまりの走る量にピクシーは「マラソン選手にでもするつもりか!」と切れたそうですw
するとオシムはやはり「若いの!走ってナンボでっせぇ」と走れないならいらんぞ?と言ったとか?wまぁあまり覚えていませんが( ̄□ ̄;)!!

俊輔もそーなって欲しい。90年W杯のピクシーは華奢でタレントのようだった。でもグランパスでのピクシーは中田ヒデのような強靭な肉体美をもっていた。その努力が走れて華麗なファンタジスタとなったのではないのかな?と僕は思う。

今、その両方を持ち、魅力的なのは間違いなく松井なんだろうね。オシム発言見る限り。
中田がいれば絶対中田を使うし、きっともう少し走れる小野が今後完成したら小野も復活するんだと思う。ただ、今の強さから行けば中村の復帰はなさそうなんだろうね。

余談なのだが、8年前だったら、きっと岡山哲也も選ばれていたんだろうなw
岡山さん頑張ってください。ECでバーチャル岡山株買って応援していますよ!w
| - | 11:55 | comments(0) | trackbacks(1) |
増築をどう扱っていくか
久々にまともな仕事コラムです。
高齢化社会突入に伴い、3階建の住宅にホームエレベーターなんかを付ける家庭が増えてくると思います。
国の方もホームエレベーターに対してある程度の方針を出しているのが現状でして、コスト的にもう少しリーズナブルになるか、団塊の世代マネーがこっちに流用されれば決して各家庭に一台ってブームが来ても不思議ではありません。(うそですwこんな高いものはやりませんw
まぁ、でも長年の重労働で腰や足に来ているお父さんなどが、家庭内の導線を円滑にする為に増設する機会も増えてきているのは事実で、実際に仕事として話が来ているケースも幾つかあります。

例えばこんな例です。


普通のお家に↑のようなホームエレベーターを増築するとき、エレベーターというものは建築基準法上独立して確認が必要になる物件です。
ようは、最近のなんたらってメーカーでの事件ありましたよね。
設置基準を明確にして、しっかり補償されたものをつけないと危ないので、ちゃんと紙に残しなさいってことです。

まぁ今までは、構造的にEXPJ(俗に言うエキスパンション)を設け縁を切ることによって独立した物を増築するって感じでエレベーターの根拠だけで済んだのですが・・・。

最近のゴタゴタでどーもお役所や指定確認機関が扱いを迷ってるようでうす。

基本的に既存不適格(過去の法律でOKだって現行の基準ではNG物件)であっても、元の建物の面積の1/20かつ50屬覆蕕佶‥にOKな解釈なのですが、構造的に現在の基準を満たしていない物件を扱うことに恐怖を覚えている機関があり、上図のような単純にEV塔を独立させて立てEXPJでつなぐ形をとっても「今はごめんなさい>< どーしていいかわかりません;;」といわれてしまう時があります。

まぁ全部が全部ではないので助かっていますが、そこでも既設の構造計算書、確認申請書、完了検査済み書がそろっていることが最低条件でそこから既設の構造を元にEVの独立した構造計算書を作る作業を言い渡されたりします。

ようは、何が言いたいかというと、上の図は簡略した1F平面図ですが、規模的に行ったら2人の新婚夫婦が住むメゾネットコーポくらいの単純な間取りです。構造的にももっとも簡単なモデルでこれにEVをつけるだけという作業です。

ぶっちゃけ、設計事務所の新人さんがするような物件なんですが・・・。
(新築よりも増築の方が勉強になるため。また単純明快であるため。)

ヽ稜Г鮟个溝Δ冒築というものに対して少しアレルギーがある
∋楴臑Δ盥渋し彁蚕颪鬚匹竜模でもしっかり保管しておく(設計に用意させる)
3稜АΥ偉産僂濬颪鬚靴辰りとわかるところに保存しておく
だ澤彗Δ盥渋し彁蚕颪世韻榔糞彭に保存しておくくらいの配慮をする


,鯒枸犬靴覆ら↓い鬚靴辰りとしておく必要がある時代になってきているということです。

ただ、問題なのは、構造計算書で、200屐RC、S造のもの等(2級物件と呼ばれたもの)は構造計算の義務はあるのですが、確認時の提出義務は一級建築士が確認を出す場合省略されていた背景から構造計算書が残っていないケースが多々あります。

それに、建物って建ってしまうと構造計算書は忘れてしまいがちでして・・・。
わたしの事務所のあるマンションでさえ、(当時地元で一番高い建物で脚光を浴びていた建物で、当時の売り手はJRw)8年たったときに聞いたら構造計算書がない状況・・・。

ようは、仕事柄増築するときの最初の問題の80%は構造計算書がないことが原因だったりします。(構造計算書云々出てくる時点で最低限の構造図面はちゃんとあるのでなんとでもなるのですが^^;)

まず、円滑に増築するために必ず構造計算書の存在を新築時に御施主さんは頭に入れておいて欲しいということ。

次に、確認済み書と完了済み書がないと、増築なんて出来やしない!ってことをしっかり覚えておいて欲しいことですねw

実は、上図のモデルになった仕事では、確認上ではきっちりOKが出ました。(もっと難しい建物ねw),能劼戮燭茲Δ鵬申茲發しこも増築ってことでヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワしてましたが、なんとか担当の協力の下「とりあえず今月いっぱいなら許可あげれると思う。来月になるとどーなるか解らん。」と言われるまで漕ぎ付けたのですが、肝心の確認申請書と完了済み書がないそうで・・・。どーにもならない結末に・・・。

時と場合によって左右されるのですが、増築というものは少し「やっかい」な部類になってきています。設計側は持てる知識と足で何とかすると思いますが、時間がかかります。

施主になるみなさんは、その時間がかかる理由を少し理解いただいて、かつ、絶対に家を建てたときの書類一式を権利書などと一緒に金庫に保管しておいてください。

でないと、何か増築したいときなどに困るのは施主さまになってしまいます。

上で述べた仕事のように
設計相談(この時点で確認書などあるかは聞きます。)⇒設計依頼⇒設計⇒確認同意
という流れまで来てしまい、「ごめん・・・書類なかった」となると設計側から設計料と申請打ち合わせ料、経費諸々を請求だけされ、何も変らずお金だけ減ったってことになりかねません。

ですので、書類だけは・・・大人の義務と言うことで^^;
| - | 11:38 | comments(0) | trackbacks(1) |
結局のところ
耐震問題にゆれた一級建築士問題。
どーやら、最低の結果は避けれた模様。

基本的には1級取得者に対しての再テスト実施はなし。
1級受験者への受験資格の変更なし。

1級取得者への定期講義の実行。受けないものへのペナルティ。
1級受験における、実務の内容の見直し:例えばお役所などでの都市整備事業を実務として認めないなど。施工などの実務を細部検討など。

この方向性が先日発表になっていました。
最低の結果は免れたようです。
僕はこの問題に乗じてある程度の見直しはするべきだと思っていました。
ただ、あまりにも既存の設計士が「耐震」という分野の中で判断される可能性があるのがクエスチョンだったんです


耐震というのは当然、意匠計画に出てくる問題です。
僕も前会社で耐震改修を9棟くらい担当しましたが、意匠的においても大変な仕事だったのを覚えています。

ただ、今回の1級再テストが構造よりなテストになりそうな感じだったのでその時点で差別化が生まれてしまうのは少し公平さを欠くと思います。なぜなら1級取得者は国による前の日記にも書きましたが、かなりの難題をクリアされた方々で、公平に与えられた権利を持っているからだと思います。
また、姉歯問題もコスト的なこともあるでしょうが、柱を小さくして部屋を少しでも大きくするなど意匠的な問題も原因のひとつだと思うので、その点でも構造よりな評価テストはどうかと思ったからです。

今回ではそれが定期的な講習になりました。1〜5年目処で行われると思いますが、良い結果になっていると思います。建築は絶えず進化していると思います。新しい工法、新しい素材、新しい法律と仕事上関わらない部分においても大きく進化していて、それを設計者がお金を払い受講する義務を設けるのは再犯防止に絶対つながると思います。

今回の問題で得なければならないのは設計士数を減らすのではなく、再発防止であり、偽造を感じれる感性と知識と経験を養うことです。その機会を義務化することは大いに意義があると思います。良いことなると思います。

次に受験資格についてですが、施工経験の一部と行政業務の一部での経験を再検討するということは淫らに設計士を防ぐ結果になってこれも評価したいと思います。

当然。施工、行政業務の多くは設計士でも分からない知識を養うことが多いと思いますが、直接設計に関係しないところがあるとも思っていました。

僕は設計の為設計をしながら1級取得を目指していましたので思うのですが、「設計関係ないやん!」という方々が、たまに受講しているのはどうなのかな?と思っていた部分があります。
まぁ施工・行政の方の多くは頭が上がらないくらい知識をもっているので、ごく一部の方々への思いですけどね^^;

では、次に実務年数に関してです。
このことは僕の勉強不足でどの程度に落ち着くかわからないです。
現行なら短大出で4年。大学出で2年。
ある意味勉強し資格取得の適齢期に受験資格を持てるということなのですが、僕の考えではそれを倍・若しくはプラス2年にするべきなのかなと思うところがあります。
短大出の4年というのは問題ないのですが、大学出の2年というのは「やっと実務が出来るようになってきた実務経験」なのだと思います。

やはり3年目が社会人として節目なのは何時の時代もどの世代も同じだと感じていますので、その節目は越えないと1級の知識が資格だけで終ってしまう感じがするからです。

短大出や大学出なんて肩書きよりも実務経験のほうが一年だけでも学生時代の経験を超えてしまうのはどの職種でも同じじゃないでしょうか?こと試験に関しては大学出の方が有利でしょうが、実際の社会ではそうではないのも同じです。

ともあれ、姉歯という個人の暴走を中心に起こった一級建築士台風が徐々にマスコミによる暴走をしすぎていると感じ1級熱帯低気圧になっている点は良いことだと思います。

ひょっとしたら、1級問題で国土交通省がある程度の大きな暴走を「あえて」して、僕らがそれに反論して、そして落ち着かせる荒治療だったのかもしれません。
それも考えていましたが、だからこそ落ち着くまで「また・・・このブログこれかよw」ってくらい書いて見ました。
本当にするつもりだったらヤバスギだし、狙いが現行維持への沈静化だったとしても「ちょwwwまてww そりゃ糞だろww」って反論意見を定義していかないと意味ないですからね。

姉歯という犯罪が姉歯という戒めに変り、よりよい資格となってくれたらなーと一旦設計を外から見ようと決めた男の冥王星のような小さな儚い抵抗でした(´・ω・`)b
| - | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
パチ屋風営法改正の裏
良く言われていることなのかもしれませんね。

改正時期でパチ系は封印していましたので良く知りませんが、大きく目立つ点は2点ですね。

(津校間の解釈について
閉店時間ってのは地方自治体で最終を決めれると思います。その自治体が23時閉店と言えば当然他の店と同様に客が打てなくなるのが23時と今までは解釈してたので大体が22時55分とかギリギリでラストコールがかかっていました。それを多分なんですが、23時に客がいない状態に持っていくって形に正式な解釈を決めたと思われます。

機種の寿命
機種の寿命ってのは3年だったかな?2年半だったかな?w忘れましたが、昔から導入から何年で寿命って決まってました。ですが、それをすると駅前の小さな老舗店とかおじいちゃんおばぁちゃんの通う昔ながらのお店は機種が導入し続けれません。ですので、10年たってもクランキーコンドルがおったりしました。
それを期限切れを見つけたら営業停止処分と重い罰則を設けて、そのなぁなぁな部分をしっかりする!ってことになったようです。
電化製品のPSなんちゃら法も影響しているのかなと勝手に予想。

この2点が店側の営業面での最近の大きな動向っぽいです。
スロットだけでいえば、4号機の廃止⇒5号機の導入路線。

これらの背景には、どうやらニート対策が含まれているようです。

よくよく考えてみれば、ぼくらの学生の頃に比べるとフリーターっぽいにぃちゃんが店の半分を占めているような気がします。
明らかにスロットプータロー君が多く、柄が悪い。
引きこもりとか、病的な子は除いて、結構な数のニートが稼ぎのファイナルウェッポンとしてスロットを心のどこかにもっているようで、この子たちに
「スロットは儲からないから!一撃10万なんて昔話だから!働きなさい!」
って国はしたいようです。

確かに昨日打った5号機は等価で28kでましたが、時間的な労力を現行機で考えるとだらだらします。昔の機種に比べるとまだ良いので、コンドル世代には耐えれる感じがしましたが、それでもゆるい感じは最後までありました。

AT・ストック機しか知らない子には耐えれない仕様な気がします。
多分なのですが、来年の9月かな?ALL5号機になったとき。
町のパチ屋に若者が群がる現象はかなり減っていくと思います。

ですが、例えばさくら対戦やデビルマンなどの設定2段階機種や、エバの6のようなベルが特化した台は結構わかりますので、設定が看破しやすい台が弾頭を現してくると、ある程度安定してくるので、より職業的にスロットをする人が増えてくるのかもしれません。
まぁでも万枚中毒には打つこと自体が無理でしょうから、効果的なのかな?
僕らみたいな普通の仕事をしている消費者にはどちらも暇つぶしと小遣い稼ぎなんで時代を楽しめればいいかな程度なんで、問題なしですが。

ある日のことなんですが、スロニートなボーイが
「俺らはスロニートでなんで、マッパチやしのけんはちゃうんだ!」
と言ってました。

確かに彼らは毎日がスロット生活なんですが、それでもちゃんと「仕事」をしています。
スロ雑誌やスロTVのパーソナリティとしてその地位を掴んでいるわけです。

某雑誌に少しお手伝いを依頼されていた時期があったので、雑誌に出てる方々と何度か打ったことがありますが、彼らのデータ取りは結構辛い作業です。

データを取るって一々メモですし、打ちたくもない台を打たないといけなかったり、その後に原稿の編集でPCを駆使してとある意味ライターです。
多分普通にスロットしている人には辛い作業です。
激蓮してても糞はまりしててもデータ命です。

僕はとっても疲れてしまい、仕事には出来ないなーとおもいました。O型だからかもしれませんがねw

パチプロと呼ばれる方々はそれなりに仕事として犠牲を払いながらしている方で勝率が凄く高い方々を呼ぶのでしょうね。そしてその体験を売りに出せる人を指すのでしょう。

それに憧れるのはいいのかもしれません。それをアイドルにしてしまった大人社会がいけないのかもしれません。僕も彼らのお仕事を目の当たりにするまでは、根拠のない自信をもってました。コンドル時代には彼らに負けないくらい買っていたと自負してましたしね。でも、結局はプロってプロなんです。自称じゃダメです。

あ、後変な話し資本もいります。(これを種銭と思った人はこの時点でアウトですw)

ぶっちゃけ、これを書くに至り、
5号機以降問題とかで「たまんねーよもう(´Д`)」って思っていたのが、ニート対策の一環として考えれば、「やはり、今の時代はこれくらいの改正をして一度彼らのよりどころを小さくする必要はあるのかな?」と思えてきます。

結論w
当然ニート問題だけでなく、車の中に子供置き去り問題や消費者金融への借金など昔からの問題も突いて回ってるんでしょうけど・・・。
その問題よりも法律を立てている大人たちは
「自分の老後の為」にまずは二ートを働かせる!
ってことなんだと思います。確かに団塊の世代⇒ニート世代だと日本沈没でしょうから大きな問題なのでしょうね。
結構日本の将来とパチンコ業界は隣りあわせだったりするのかもですw
| - | 11:46 | comments(0) | trackbacks(1) |
増築がねぇ。
今、小さな物件の増築が難しくなってきています。
というのも、俗に言う2級物件ってのの1級特権がなくなったからです。
分かり易く言うとSとRCの2F/200岼焚縞件ですね。木造もありますが、特にコッチのが増築でうちはしますので、こっちを対象の話しってことで。

2級物件ってのは1級建築士が設計をする場合、構造計算書の添付義務を緩和するという特権がありました。現在、ほとんどが1級建築士が設計士としての最低ステータスとして、商売をしていますので、過半以上のこの物件の確認申請には構造計算書が添付されていないことになると思います。
ここで、勘違いしてはいけないのが、あくまで構造計算書が確認にいらないだけであって、計算事態はするってことです。

まぁでも、増築ってことで、確認までは施主さんが持っていますが、構造計算書は添付されていなかったりとそんな事態がよくあったりします。

ですが、小さな物件ですので、単純な形態で構造的にメンバー(柱や梁の大きさとか)の許容値は規定以上になりますので増築に伴う確認は合計200岼焚爾世辰燭蝓▲┘スパンションで切っていれば(構造的に別構造で縁っこだけくっつけているもの)新しい方の構造計算根拠があれば受理していただいていたケースが大半でした。

最近は、色々な緩和が規制されていますので、両方とも計算書がいるよーってことになってます。こちらが本来の姿なので、これはこれで仕方がないと思うのですが、問題は既設の建築時の基準法と今の基準法とのGAPにあります。

建築には既存不適格というものがあります。
過去の物件というのは過去の法律を守りつくられています。
しかし、今の基準ってのはより安全性を守られています。
当然、今の基準に満たされていないってケースが歴史的な時間の差によって生じてしまいます。
基本的には今に合っていませんので増築時にNGとなってしまいますが、それじゃー可哀想ってことで耐震補強をしたものに関しては、その他は現行のまま増築とかしていいですよー。って緩和があるのです。
これを既存不適格といいます。

まぁ最低、構造的になんとかしなさいってことなんですけど。

実は最近、鉄骨なら鉄骨の材料強度の見直しみないなことがあり、強度的なものより材料的な問題で既存不適格を通さないといけないケースが出てきています。
分かり易くいいますと、5年前のAという110の強度がある材料はNGで今のBという100の強度がある材料はOKってことです。
Bを使いなさいってことですね。

ってことは、今ある建物の大半の増築がOUTってことになってしまうんですw

現行に対して単純に増築するってことは出来ず、まず補強し不適格として増築しましょーねって判断され、増築できないとなることがしばしばあるってことです。

ただ、問題なのは、この解釈を指定確認機関もどー考えていいかわからないようなのです。A業者は断っています。B業者は物件によってはOKをくれたり、この問題に対する対処が違っているのです。

上記でAとBの例を出したように、AをBに取り替えることは構造体ですので不可能です(それで建っているからw)Bになるように補強をするとしてもA>Bだとしたら、ナンセンスなケースが出てきます。
その点を計算しなおして設計していたら施主様の負担が増築なのに莫大になります。莫大な金つっこんで結局既設でOKですじゃ辛いです。

ですので、判断の相違が出てきているのではないかと思われるのです。

この問題は我愛知県では少しだけ時間がかかりそうで、3ヶ月前と状況的にはあまり変っていないのが現況でして^^;
見守りながら仕事を進めていくしかありません。

ですが、この御蔭で300万くらいは損してますので、いい加減にしてほしいですねw
設計料100万の物件×3くらいがどーしていいか確認機関も分からず保留になっているってことです。(調査時間とお金が上がれば出来ますけどねw施主さんも苦しいので今までのやり方以外は無理が出来ないってことです。)

エキスパンションで切れるような場合はまだいいんですけどね^^;

ですので、木造住宅増築を考えている方。
基本的には木造でも構造根拠的なことは同じですので、設計士の方と少し時間を見ながら話し合い、指定確認機関へ同行して話を自分で聞き、納得して設計士さんの対処を聞くのが良いかと思います。

S/RCの建物を増築しようと考えている方。
やりたい増築が今は、出来ないかもしれないってことは少し考えておいた方がいいかもしれません。お金が少しかかってしまうかもしれません。
時間は絶対かかりますw(確認だけでもお上が降ろすまで2〜4倍時間がかかるようになってますからw)

今、単純な増築ってのが難しい時です。まぁ増改築っていろんな面で新築より難しいんですけどねw
| - | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/55PAGES | >>